作成者別アーカイブ: calm

最近はスーパー暖かくてずっと外練している。

やっぱジャグリングは外でやるのが健全ですな(・ω・)!

春の陽気に誘われて独りでぶつぶつ言いながら爆笑してるアブナイ人とか、道路のど真ん中を歩くおじいちゃんとかがいてなかなかいい感じ。

ふせくんとも久々に練習したけど、新境地に達したのかガチャポンの殻をディアボロに改造して遊んでいたが、1回で粉々に砕け散っていた。

本当にいい季節で最高ですな(・ω・)!

時間

ジャグリングを始めてからいったいどれだけ練習したのか考えてみたんだけど、1日平均3時間練習したとして、約15〜6年練習してるので、約10000時間以上ジャグリングに費やしていることになる。

これはとんでもない時間であり、資格を取るのに必要な時間数の目安表に当てはめるとそのヤバさがわかる。

最難関の司法試験は6000時間と書いてあるけど、実際は10000時間必要な人もいるらしい。

てことは今までジャグリングをやっていた時間、ずっと司法試験の勉強をしていたら、今頃僕は試験に合格して弁護士や裁判官、検察官になっていたのだろうか。

いったい僕は今まで何をしてたんだろう。

僕が裁判官になったら気に入らない犯罪者を全て死刑にしてしまいそうだ。

ただ自分の地頭では10000時間勉強しても合格しない自信がある。

ただ廃人を量産したFF11のゲームプレイ時間は桁が違う。

FF11廃人の人たちの総プレイ時間は時間というレベルではなく1000日とかがザラで、時間に直すと20000時間を軽く超えている。

この時間を勉強に費やしたら、日本の難関資格を全て取れてしまうんじゃないだろうか。

考えただけで恐ろしい…

ゲームしたい

最近ゲームにハマってるんだけど、やる時間がほとんどなくてモヤモヤしている。

時間が取れるのは夜風呂に入った後の20〜30分くらいで、その時間に大慌てで酒を飲みながらあたふたとプレイしている。

睡眠時間を削ってまでやるのもどうかと思うので、これくらいの時間が限界。

次の日に遅く起きれる日があれば、日を跨ぐまで酒を飲みながら思う存分プレイして風呂に入ってウンコしてお布団に入って寝るなんてブルジョワな1日を送ることができるんだろうけど、家庭の事情で平日も休日も毎朝7時には起きなければならないので実質不可能なのだ。

もしどうしてもゲームをやるとしたら、ジャグリングの練習の合間にやるしかないんだろうけど、平日の昼間に公園でSwitchをやるのもどうかと思うし、もし公園で昼間からゲームをやってる大人を見かけたらスマホで撮影してSNSに投稿すると思う。

ああ、飽きるまでゲームしたい。

スーパー

先日バナナを買いにスーパーへ行ったら、おじさんの店員さんがアルバイトの女子高生に品出しを教えていた。

聞きたかったわけじゃないんだけど、近くへ行くと会話が聞こえてきた。

「ねえねえ、パプワ君って知ってる?」

「いえ、知りません」

「そっか、じゃあ美少女仮面ポワトリンは?」

「…いえ」

といった内容。

そうか。

これが歳をとるということか。

距離を縮めるはずの会話なのに、2人の距離がどんどんと遠ざかっていくのが傍目でわかった。

ここは僕が間に入って、「ねえねえ、エスパー魔美って知ってる?ナーンチャッテ!許してちょんまげ!」

と言って場を和ませようかと思ったんだけど、そんな勇気もなくてバナナを買って帰った。

ドーナツ

こないだドーナツを食べたくなってミスドへ行こうと思ったんだけど、いつも行っていたミスドが少し遠くへ移転してしまって、結局買いに行かなかった。

ああ、ドーナツ食いたいなー、ドーナツ屋があったら絶対買うのになー、ドーナツショップ開店したら最強に売れるのになーとかぶつぶつ言いながら歩いていたら、なんとドーナツ屋のキッチンカーが止まっていた。

おお、ドーナツ屋だ!と思ったんだけど、結局買わずに素通りしてしまった。

あれ、なんで買わなかったんだろうとあれこれ考えながら歩いて帰ったんだけど、とんでもないことが判明した。

なんと僕はドーナツを食べたいのではなく、ミスドのドーナツを食べたかったのだ!

その答えに行き着いた瞬間冷や汗がダラダラと流れてきた。

この世紀の発見を周りの人に悟られてはまずい。

そこで初めてミスドの安定感、ひいてはブランド力に気がついて感服してしまったのだ。

スーパーなどに行って、30円の謎のコーラと、160円のコカコーラが売られていたら、間違いなく160円のコカコーラを買うと思う。

これもコカコーラというブランドの力。

安定したミスドのドーナツやコカコーラの味のために多少の出費は厭わない。

企業買収の際に「のれん」が発生するのも納得せざるを得なかった。

とにかくミスドのエンゼルクリームとポンデリングを今すぐ食べたい。

あとコカコーラも飲みたくなった。

枯葉の詰まり取り

昨日は運河公園の排水溝の詰まりを取るという毎年恒例行事をした。

ここはいつも枯葉が堆積していて水が全然流れなくて雪解けが遅いので木の棒で取り除くんだけど、うまく取れると一気に詰まった水が流れていくのだ。

流れた瞬間のあの快感が堪らなくて、「ンギモッヂイイ!!!」と叫びたくなるんだけど、昼間から木の棒で排水溝を突く光景は、コンビニのおでんを指でツンツンするのとあまり変わらないので堪えている。

それだけでは飽き足らず、海外のYouTubeにもっと大規模な詰まりを除去する動画を見て心のエレクトを鎮めることもある。

こういう除去系動画は一定の需要があるようで、その他にも歯石取り動画、角質取り動画、巨大なできもの除去動画を見ることがよくあるんだけど、あまりに気持ちが悪い上級者向けのコンテンツとなっているためリンクは貼らないでおくけど、興味のある方は検索してじっくりご覧いただきたい。

今日郵便ポストを開けたら固定資産税の納税通知書が入っていた。

すっかり忘れた頃にくるので、毎年ボディブローを喰らうような衝撃が走る。

この時期は車税と車の任意保険と固定資産税が一気に来るので、1ヶ月ほど朝昼晩の食事がもやし入りパスタになる。

てか車税とか固定資産税とか、なんで自分の持ち物に税金がかかるのか謎すぎる。

そんなんだったら乳毛税とかおにぎり税とかウンコ税とかなんでもありになってしまう。

こないだなんて契約した覚えのないNHKから「引っ越したなら報告しろ」という謎の上からの通知が届いてビリビリに破いてゴミ箱に捨てて、あやうくNHKをぶっ壊す党に1票入れそうになった。

とにかく日本は贅沢品や嗜好品には容赦なく税金が付加されるようだ。

究極は固定資産税評価額0の土地に穴を掘って暮らし、ライフラインはソーラー発電と釜戸と川の水で、自給自足で一切買い物をしないという方法だろうか。

これなら全ての税から解放され、1日中おちんちんを出して昼寝しても生きていけるような気がする。

グローブ

人が思いついたことは全て実現不可能ではないということを聞いたことがある。

となると、世界中のプロ野球のピッチャーと野球経験者たちが超絶偶然に体調を崩してマウンドに立てなくなって、僕が急遽プロ野球のピッチャーに呼ばれる確率が5000兆分の1くらいあると思い、今からピッチングの練習をしておくためにグローブを買った。

格安でネットで買ったんだけど、なかなか使いやすい。

近くの公園にいい感じの壁があるので、今度の昼間に1人で壁当てしに行こうと思う。

もしくは近所のおじさんと仲良くなったので、今度家のチャイムを鳴らして一緒にキャッチボールしようかと思っている。

こないだこっそり野球のグラウンドへ行ってマウンドに立ってみたんだけど、バッターボックスまでの距離にビビった。

こんな遠いところに投げてんのかい。

しかもそこにボール1個分とかの精度で投げるなんて、もはやスナイパーとしかいいようがない。

ダーツを投げて、的からはるかに離れていた友達の頭を刺しそうになった僕にはとてもじゃないが無理だ。

10球に1球入るストライクゾーンの球も、おそらくスタンドまで運ばれるだろう。

でもいつか呼ばれる気がしてならないので、今から練習しておかなきゃならない。

初運河公園練習

今日は運河公園の一部の雪が溶けていたので、超狭い中で練習。

無風で太陽が出ていれば気温8度でも割と余裕で練習できた。

ただ一度休んでしまうと体が冷えて一生休んでしまうので、体温管理はかなり重要。

室内でばかり練習していたので、突風の洗礼を浴びてドロップしまくると涙目になる。

昼間から涙目でボールや棒を投げている大人を見て、周りの人はどう思うんだろうか。

あと1週間もすれば他の公園も解禁になると思うので、日中はおばちゃんがテニスでパンチラしているパンチラ公園で早く練習したい。

昨日は1週間ぶりの練習だったんだけど、腕の落ち方が半端じゃなかった。

こんなレベルではとてもじゃないがお客さんの前でジャグリングショーなんてできない。

ペットショップの小さいわんちゃんを見た方がはるかに有意義な休日を過ごせると思う。

早く腕を上げなきゃいけない。

練習の合間に少し休憩を挟もうと近所を散歩したら、春の息吹を見つけた。

この車は普通に駐車していたんだけど、バッファローにでも追突されたんだろうか。

後輪パンクしてるし。

運河公園はまだまだ雪が残っていた。

去年は3月下旬にはもう練習できたので、今年の雪解けは遅い。

ただ来週から一気に暖かくなるみたいなので非常に楽しみだ。

多分人生で一番しんどかった廃墟での越冬を終えて、待ちに待った春がやっと訪れた。

暖かい日を1日1日大事にして過ごすつもりだ。