ショーを観る

昨日一昨日と近所のお祭りで大道芸とマジックショーが開催されていたので観に行った。

人のショーをちゃんと観るなんていつぶりだろうか。

ショーは演じるのも観るのも同じくらい勉強になるし、刺激にもなる。

ただ人のショーを観ている時は、自分がステージに上がっている時を想定して観てしまうので、時々勝手に体が動いてしまう。

担当者の人は、ステージのショー以上に、ヤバい動きをしている僕を見てハラハラしていると思う。

1日目のくまさんのショーはほんと久々に観た気がする。

くまさんは恐らく北海道で一番最初に近代的な大道芸を始めた人なんじゃないかと思う。

インスタにバルーン作品がたくさん載ってるんだけど、クオリティが高くてびっくり。

大道芸はずっとのんびり観ていたい。

2日目の竹田さんのマジックは初めて観た。

小樽でマジックバーを経営されているそうで、いつか行ってみたいと思っていたんだけど、まさかお祭りで観られるとは思わなかった。

コインマジックを観て自分もやりたくなった。

マジシャンは空間からコインを取り出せるのでうらやましい。

小銭が足りなくなったら空間を掴んでペール缶に放ればいくらでもコインが出てくる。

周りの子どもたちも真似して空中で掴むふりをしていたので僕も真似をしたら、前にいるおじいちゃんのツルツル頭を掴みそうになった。

久しぶりにショーを観れて自分もやる気になったので、今日からまた頑張りたいと思う。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。