今日は自宅の美容室で髪を切ってもらった。

前にも書いたことがあるが、実は僕は美容師の免許を持っている。

試験には2度落ちたが。

そして3度目の試験は、美容学校で経済学の講師をしながら、生徒に混じって練習して合格するという異色の経歴がある。

しかも資格を取った後は一度も美容師になったことはない 笑

美容業に携わるのは、2〜3ヶ月に1度、つとむの髪をオカメインコヘアーにカットする時だけだ。

言い換えると、僕はつとむをオカメインコにするだけのために美容免許を取ったのだ。

僕は何をやっているのだろうか…

そんな中、何度も試験を受けたせいか、今でもある程度の予備知識だけは無駄に持っている。

特に僕はシャンプーの仕方だけにはうるさい。

銭湯へ行くと、僕はいつもおじさんや若者が自分で髪を洗う様子を観察しているのだが、みんな適当すぎる。

まるでチンコの毛を洗うかのごとくゴシゴシッと適当に洗って、ザブーッと水で流す。

それで髪を洗っているつもりか?…

しかも生意気にハーバルエッセンスなどを使っているのを見ると、

「お前はこれで充分だ」

と言って牛乳石鹸を口に突っ込みそうになる。

見た感じ9割の人はシャンプーの仕方を間違っている。

時々宅八郎みたいに(古いか)ロン毛の人が、ティモテみたいな感じで(古いか)髪を擦り合わせてゴシゴシ洗うのを見るが、これだと髪にダメージを与えてしまう。

あと爪を立ててゴシゴシ洗うのもNG。

ゲーハーまっしぐらである。

そもそもシャンプーは髪を洗うというより、頭皮を洗うものである。

洗い方のコツは、指の腹で小刻みに頭皮を洗うこと。

そして重要なのが、髪は上から下に生えているため、逆方向に洗うこと。

つまり、生え際から頭頂部に向かって頭皮を洗っていくのが正解である。

そうすることで頭皮の汚れは落ちるのだ。

今度銭湯で間違った髪の洗い方をしている人がいたら、僕が後ろから髪を洗ってあげようと思う。

明日は久々のバルーングリーティング頑張ります(・ω・)

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)