今日はあいにくの雨で少し肌寒かったので、ランバダを踊りながら練習。
バブルの頃はセンスを持ったボディコンが、お立ち台でセンスのないステップを踏んでいたものさ。
でも今は不況の世の中。
この世知辛い時代を僕達は生き抜いていかなければならないんだ。
そんなことを考えながら車庫の中に雨宿りしてくるワラジ虫をホウキで追い出し続けていた。
Mirko Callaciというアルゼンチンのマジシャンはとてもクールだ。
独特の世界観を持ち、演じるマジックもオリジナル性があり、全てにおいてレベルが高い。
こういう素晴らしいマジックを考えることができるのは、センスによるところが大きい。
僕もオリジナルの作品でみんなを楽しませることができる人間になりたい。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)