行者ニンニク採り

今日運河公園に行ったら桜が咲いていた。

桜の側で自撮りして画像を見たら、美しい桜と僕の見分けがつかなくてびっくりした。

昼からは毎年恒例の行者ニンニク採り。

行者ニンニクは手付かずの綺麗な自然にしか自生できない、まるで僕のように繊細で美しい植物だ。

今回は男女3人パーティーでの登山となった。

もしヒグマに襲われたら女性を助けるという使命があったので、あらかじめヒグマを倒すシミュレーションをしておいた。

どう考えても9対1で僕が勝つので、少しヒグマに申し訳ない気持ちになった。

今年は採りに行く時期が遅くて、もしかしたらもう伸び切って旬を逃してしまったかと思っていた。

しかし谷の日陰の方へ行くとまだ雪が残ってて、その雪解け水の側に旬の行者ニンニクが生えていた。

今年はもう山菜採りは行けないかと諦めていただけに嬉しかった。

今度生姜とネギと白ごまを混ぜて、醤油漬けにして食べようと思う。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)