肌の塗装

前々から思ってたんだけど、指を作りたくなった。

本物そっくりの人間の指を。

別に指に執着するヤバめの性癖に目覚めた訳ではなく、単にマジック用に作りたいのだ。

マジックショップに行けば必ずニセモノの指は売っているんだけど、どうもリアルさに欠けるものが多い。

指というより、銭湯のおじさんからぶら下がっているソーセージに近い。

下の画像は、様々なマジックショップから買ったニセモノの指を並べたもの。

ちなみに一番左は僕のものなので間違わないでほしい。

こんなに指があるのは僕の家かヤクザの事務所くらいだろう。

やっぱり本物の指と違って、ニセモノはいまいちリアルさに欠ける。

そこで、市販の指を塗装して自分だけのリアルな指を作ろうと思った。

と言っても塗装に関しては素人同然なので、ネットで塗装に関して調べて驚いた。

めちゃくちゃ細かい。

フィギュアなどの肌を塗装する時、単に肌色に塗装するだけなのではなく、まず下地に赤みや血管まで着色するのだそうだ。

その上から肌色の塗料をエアブラシなどで塗布していくらしい。

ちなみにエアブラシとは下の画像のようなもの。

正直ちょっとカッコ良くて欲しいと思った。

その後フィギュアの塗装に関して深く調べていたら、どんどんと怪しい方向へ行ってしまった。

中でも一番ヤバイと思ったのは、市販の女の子のフィギュアを全裸にして(どうやって全てプラスチックで出来ているフィギュアを全裸にできるのかはわからない)、超リアルペイントを施して再販しているサイトである。

しかもかなり良い値段で売られていて驚いた。

僕も記念に1/1の実物大ソーセージを作ってもらおうかとか考えてたけど、ふと本来の目的を思い出してブラウザをそっと閉じた。

全く趣味の世界はディープである。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)