整地

今日は練習の合間に解体現場の整地をした。

これまで借りてきた駐車場を11月末で解約したので、それまでに車数台分停められる地面を確保しなければならないのだ。

先日も書いたが、土地の地面は平らではなくグランドキャニオンのように起伏しているため、整地しなければ車を停めることができない。

まず基礎のコンクリート部分をハンマードリルという工具で斫ってなだらかにして、建物を解体した時に出てきた使わなくなった畳を数枚敷き、隙間を土や瓦礫で埋める作業をした。

一番しんどいのは隙間を埋める作業。

まるでカイジの地下労働並みの過酷さだ。

こんな時にキンキンに冷えたビールなんて飲めたら犯罪的に美味いだろうと思った。

そうこうしているうちに雨が降ってきたため作業終了。

なんとか車1台分は確保できたと思う。

あと3台分のスペースは確保したいので、雪が降る前に作業を終えたい。

ふと近くの工事現場を見るとショベルカーで穴を掘っていた。

1日500円くらいで貸してくれないだろうか。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。