撮って観て撮って観て…

ジャグリングのルーティンを一通りビデオに映して観るっていうのを何度も何度も繰り返していると、だんだんとつまらなく感じてくる。
何回も観ているからではなく、最近はマジでつまらないと思い始めている。
なんというか、ショボい。
修学旅行の時に原宿で500円で買った純金の指輪が、家につく頃には色落ちしているくらいチープだ。
練習ではいつも大きな場所でやるイメージで練習しているのだが、どうにもちっぽけだ。
それは大げさに縦横無尽にステージの端から端まで走ったり、高いものに乗ったり、ディアボロ1こを何度も何度も高くぴゅ~んと飛ばして拍手をもらったりしてどうにかなるもんじゃない。
すごい人は大げさに動かなくても立ち振る舞いや仕草、存在感で大きく見える。
経験が水たまりくらい浅い俺にはその器がない。
チンチンもライト級。
でもあと1万回練習したらすごくなれるかもしれないな。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)