強風すぎ。

今日は朝からかなり強い風が吹き荒ぶ日で、ひたすら車庫で練習。
ただプロたるもの、風も逆光もない室内でヌクヌクと練習していたのでは名が廃る。
敢えて強風に立ち向かうべく、家を飛び出して颯爽と車に乗り込み、イグニッションにキーをぶち込んでおもむろにエンジンをかけた。
大音量で光GENJIを聴きながら海沿いを走っていると、ディスコ帰りのスレンダーなgirl達が俺にウインクしていた。
相変わらず俺は罪な男だ。
港に着き車を降りるとあまりの強風に唖然とし、「はいはい、無理無理」と呟いた僕は、5秒前に降りた車に乗り込み港を後にした。
近くの公園に場所を移したが、ここも強風。
しかしこのまま帰るわけにもいかないので、無理やりディアボロをやった。
始めてすぐに風に煽られたコマが高速回転しながら目に当たった。
帰りたい。
しかしこのまま帰るわけにもいかないので、無理やりシェーカーカップの練習。
直後に風に煽られたカップが顔面に当たった。
僕は公園を後にした。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)