山奥ニートの本

今日はヤバいくらい、これといって何もない日だった。

今日一番のトピックというと、スズメが2羽めちゃくちゃケンカしていて和んだことくらいである。

あと公園の管理人のおじさんが無事にコロナワクチンを予約できたことくらい。

最近「山奥ニートやってます」という本を読んでいる。

著者は人里離れた山奥の廃校を借り、ニート20人くらいで暮らしているそうだ。

日がな釣りをしたり、焚き火したり、読書したり、時々仕事をしたり、のんびり暮らしているそうだ。

読んでいて何故か共感できることが多くて、なんでこんなに共感できるんだろうと考えてみたら、そもそも自分がこの人たちとあんまり変わらないライフスタイルだったからだ笑

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)