外郎売り

今日も一日中天気が良くて、車庫を開けて練習をしながら道具作り。

ウサギさんの舞台を拡張している時、最後の最後で大事な部品が折れてしまい、絶叫してしまった。

外でカートを押しながら歩いていたおばあちゃんのカートのカラカラという音が一瞬止まり、その後またカラカラと遠くへ消えていった。

2日がかりで作ったものが一瞬で水泡に帰した。

今度つとむに八つ当たりしよう。

今年に入った辺りからショーの間に結構喋るようになったのだが、僕は滑舌が悪くてよく噛んでしまう。

日本語もアグネス並みでたどたどしいので、先日MCの方から訊いた練習方法を試そうと思った。

なんでも、外郎売り(ういろううり)という文章が滑舌・発声トレーニングに良いらしく、言葉のスペシャリストの人たちは全部丸暗記してトレーニングに用いるらしい。

しかし早速覚えようとググったらビックリ。

むちゃくちゃ長い…

下記のリンクから本文が見れます。

外郎売り本文

脳みそがカラスくらいしかない僕の頭脳では、とてもじゃないが覚えられる気がしない。

トイレに文章を貼って少しづつ覚えようと思う。

外郎売り」への2件のフィードバック

  1. ひとみ

    先日はお世話になりました。
    ありがとうございました!

    早速、ブログ拝見させていただきました!

    外郎売り調べてくださったんですね♪
    長いけど、何度もやると
    なぜか頭に入るんですよー!
    滑舌と発声にとってもいいのでぜひ♪

    また、次お仕事が一緒になるかもしれませんので
    その時はよろしくお願いします♪
    長距離移動で痛めたお尻、お大事にしてください‼笑

  2. カーム

    ひとみさん

    先日はお世話になりました!

    あれから何度か外郎売りを朗読していますが、やっと少しだけ噛まずに言えるようになってきました。

    トレーニングのために作られたかのように口を動かす文章ですね。

    何ヶ月かかるかわかりませんが、全部言えるようにトレーニングします!

    またお仕事でご一緒した時は宜しくお願いします。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)