同じマジック

今日は同じマジックを演じてみた。

下の動画は、どちらも同じマジックを演じている。

http://performercalm.com/wp-content/uploads/2021/03/img_1432.mov http://performercalm.com/wp-content/uploads/2021/03/img_1433.mov

ちなみに同じ道具、同じマジックだ。

短い方は、説明書通り演じただけの味気ないパターン。

仮にこれを幼稚園や保育園で演じたとしたら、子どもたちは飽きて手遊びを始めるだろう。

長い方は色んな意味でヤバい雰囲気を醸し出してるが、子ども向けの演技である。

子どもが突っ込む場所や笑う場所を要所に散りばめてる(下ネタの部分は実際にはやらないが)。

誰かが言っていたが、子どもは30秒リアクションを取れないと飽きてしまうのだそうだ。

驚いたり、叫んだり、笑ったり。

マジックショー制作において、そこの部分は常に念頭に置いておきたい。

そして20年後くらいに子どもたちが大人になって誰かのマジックショーを観た時に、そういえば小さい時ヤバいマジシャン観たな〜、と思い出してもらいたい。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)