刑務ショー

昨日は刑務所でショーをさせてもらいました。

と言っても、防弾ガラスを隔てて凶悪犯の方々にショーを演じるわけでも、薬物の怖さを実体験を通じて教えるセミナーでもない。

移動動物園が来たり、アイドルが歌ったりする、一般の方向けの平和な催事である。

ショーは2度行われたのだが、2回目は抽選会の後ということもあり、それが終わると席は全て空席になってしまった。

危うくエアパフォーマンスになりそうだったが、MCの方の呼び込みのおかげで子どもたちが集まってくれた。

しかし直感的に、このショーは予定通りにいかないだろうと思った。

案の定最前列の子どもたちは、ステージにいるパフォーマーを困らせる気満々だった 笑

ショーの最中、風船の切れ端を僕に向かって投げつけるわ、落とすたびにみんなで野次るわ、まるでヨーロッパの街に見せしめで現れた囚人状態である。

しかしこういう時は流れに任せて、子どもたちと同じノリでショーをやろうと途中で切り替えた。

普段ショーの時言葉遣いはかなり慎重に選ぶのだが、今回はかなり素の状態で喋ったり、子どものチンコにホウキをぶつけたりして、みんなで楽しむ感じでショーをした。

そうすることで、なんかいつもと違った感じでショーを楽しめた。

僕が超絶苦手とする宴会芸の突破口が少し見えた気がした。

そして家の帰り道、車から変な音がするな〜と思って一旦停車。

前輪を見るとなんと人生初のパンク!

image

車通りの多い通りで、自力でタイヤ交換。

脱獄して盗難車両で逃亡してる気分になった…

そして今はくるま屋さんで修理中。

自分の車をじっくり見られるのは、タマキンの裏側を見られるより恥ずかしい。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)