写真屋

昔、僕は家の近くの写真屋でバイトをしていたことがある。

オープニングスタッフとして働いていた僕の勤務態度は極めて真面目だった。

その写真屋には額が販売されていたんだけど、その額には風景写真が始めから見本として入っていた。

しかしあんまり面白みがない気がしたので、全て自分の自撮りの写真に入れ替えて販売した。

額が売れた時、希望があれば僕の写真も一緒に入れたまま渡した。

また名刺プリントのサービスも代行していたんだけど、その見本の名前をジャッキーチェンに変更し、住所も中国雲南省にしたら、なかなか注文が入らなくなった。

スタッフ用の連絡ノートには毎日僕の日記を書いていたんだけど、最終的には誰も読まなくなってしまった。

他にも色々やっていたんだけど、その当時にネットが普及していなくて本当に良かったと思う。

たぶん今だったら炎上していたと思う。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)