内視鏡検査

※多少下品な表現が含まれてるので、お食事中の方は読まないでおいて下さい。
以前から慢性的にお腹の違和感があり、昨日から今日にかけて、ケツからカメラを挿入する内視鏡検査をやってもらうことにした。
昨日はCTスキャンを撮り、自宅では食事制限。
うどんを食べた。
夜に下剤を飲んだのだが、飲んでも全然効いてこない。
なんだ、こんなもんか。
全然余裕じゃないか。
と思ったのも束の間。
突然お腹がゴロゴロゴロゴロ!となり、便所に駆け込んで、「ゴーーール!!!」と叫びながらウンコをした。
その後はポテトチップスを食べるようなスピードで便所に通い、このまま便所に暮らそうかと考えるほどだった。
そして今朝6時からは、大腸の中を洗浄する薬を数回に分けて1リットル飲む。
この薬がまたタイのチャオプラヤ川から汲んできたような味で、なかなか不味い。
これを飲んでしばらくすると、また突然ピクッとなり便所に駆け込んで、「ゴーーール!!!」と叫びながら「プシャー!!」と液が出てくる。
何回か間に合わなくてゴールポストに当たりそうだったが、なんとか無事だった。
そして病院へ行った。
最初に衣服を全部脱ぎ、代わりに患者さんが着る服と、専用のパンツを渡される。
アナ全開でなかなかみっともない(笑)
そしてベッドに寝かされると、「お尻に注射しますよー!ちょっと痛いですからねー!」と言われて「聞いてないよー!」と叫びそうになったが、男の子なので我慢。
そしてカメラ挿入。
最初に肛門をグリグリされて、「は、はううっ!」と叫んだ。
直後何か異物が腹の中に入っていくような感覚が。
超ロングなカメラが挿入されているのだとわかった。
それ自体はそんなに痛くないんだけど、寧ろ挿入する際に入れられるガスがキツい。
まるで田舎の小学生がカエルのケツにストローを刺してパンパンに膨らますのをやられてる気分。
「辛くなったら恥ずかしがらずにガスを出して下さいね~!」
と言われたが、アイドルは屁をしないのだ。
というか、屁じゃなくて違うものが出そうだったので我慢した。
検査は10分ほどだったが、その間、平然とした表情を取り繕っていたが、ベッドをギュッと握り続けて恐怖に耐えた。
モニターからお腹の中が見えて不思議な気分だった。
そしてなんとか終了。
検査の結果、どこにも異常がない優良男児ということがわかった。
もしかしたらステージに何度も立つうちに、緊張のストレス的な何かが腹痛を及ぼしてるのかもしれない。
でも異常がなくて本当によかった。
15000円以上かかったが、安心料としよう。
とにかく昨日から腹が減っているので、これからラーメンでも食べに行こうかと思う。

内視鏡検査」への4件のフィードバック

  1. みつママ

    SECRET: 0
    PASS:
    うちの夫はウイルスの何かにかかって血便を出し入院したことがあります
    カームさんがなんともなくて本当に良かったです(^^)

  2. カーム

    SECRET: 0
    PASS:
    つばささん
    検査で一安心しましたけど、もう2度とやりたくないですね(笑)
    ほんとカエルになった気分です!

  3. カーム

    SECRET: 0
    PASS:
    みつママさん
    血便は要検査ですよね…
    大腸の病気は早期発見が大事みたいですね!

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)