作業4日目

今日は昼間からふせ君と体育館でジャグリングの練習をした。

難しい技が全くできなかったため、後半はふせ君にもらった空飛ぶおもちゃで一緒に遊んで現実逃避した。

どっちが高く飛ぶかハイテンションで競っていたら、近くでバスケをしていた少年たちと目があってすぐに目をそらされた。

一緒に遊びたかったんだと思う。

夜はまたまたシルク作り。

だんだんコツを掴んできたのか、作業のスピードも上がってきた。

このままシルク作りのプロになって、シルクさんという名前でデビューしようかとも思ったけど、一昔前にシルク姉さんという人がいた気がしたのでやめた。

シルクを出現させるマジシャンで自分が一番カッコいいと思うのは、Peter Marvey(ピーターマービー)。

テクニックはもちろん、とにかく動きがセクシーでカッコいい。

僕がもし女性だったら放っておかないだろう。

以下の動画はかなり古いものだが、どのようにシルクやカードを出してるのか未だに明らかになっていない。

https://youtu.be/gFF3v0s_XKo

今回自分が作っているマジックでも、何もない手からシルクを出すシーンを取り入れたいのだが、いかんせん技術が明らかになっていないため、自分で手からシルクを出す方法を考えるしかない。

他にもシルクを出現させる技術を紹介している映像はあるにはあるのだが、あまりに動きが怪しくて真似しようとも思えない。

当初、整形外科で手首辺りにシルクが入るようなポケットを作ってもらい、いつでもシルクを出し入れできるようにしてもらおうかとも思っていたのだが、水仕事をする時に水が入ってしまいそうなのでやめた。

アホらしい考えだが、この考え方の線は間違っていないかもしれない。

空の手からシルクが出せるようになったらYouTubeにでも動画をあげようと思う。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)