体育館

2月は1年で最も暇な時期で、ひたすら練習と道具作りに専念している。

新たなマジックの道具はアクリル板を加工する必要があり、アクリルをくり抜いたり切ったりするのはなかなか大変な作業だ。

アクリルカッターというものがあるのだが、これはカッターのように1発で切れるようなものではなく、何回も切って少しづつ削っていく感じの道具である。

くり抜きの作業では100回以上は削らないといけないので非常に大変。

集中力が切れて手が滑り、何度か自分のアクリル棒を削ってしまいそうになった。

ただ仕上がりはなかなか順調で、今月には完成しそうだ。

この道具は既存の名作マジックを2つ合体させたもので、名前はウルティメイトカーディオグラフィックスケッチパッドといい、多分世界一長い名前の道具だ。

完成したら量産し、1個50万円で市販する予定だ。

ただ僕にマジックを教えてくれたら、そのお礼に1個10円に値下げする。

また英語のマジックブックの翻訳も、1日1ページくらいのペースで進んでおり、だんだん英語の専門書も読めるようになってきた。

英語は教科書のようにただ漫然と勉強するよりも、目的があって勉強するほうが読解力が格段に上がる。

日本のアニメが大好きな外国人が内容を理解しようと必死で日本語を勉強して、日本語が堪能になるのと似ているのかもしれない。

ただ絵だけはいくら描いても上手くならない。

センスの問題だろうか…

IMG_1023

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)