主観と客観

今日はボクシングジムで、10kgくらいあるソーセージみたいな縄を渡されて、縄跳びを2万回強要される夢を見てうなされて起きた。

昨日に続いて今日も雨が降り出しそうな空の下、ガチムチに練習した。

日課のようにジャグリングを練習していてふと思ったんだけど、だんだんとジャグリングショーの構成を客観的に見ながら作れていない気がしてきた。

徹夜でマニアックな絵を描いていて、幾重にも悪い箇所を修正している感覚。

うまく描けたと思って眠りにつき、朝起きて改めて見てみると、あまりのひどさに「やだ…恥ずかしいっ…!」と言って枕に顔をうずめて足をバタバタする感じ。

びっくりするほど例えがヘタだけど、つまり一つのことに集中しすぎるあまりに客観視できていない。

若いパフォーマーの演技みたいに、なんか技を連発して中身がすっからかんみたいな感じ。

「これはわかる人にはわかる」みたいなことをやっていて、観ている人を置いてけぼりにしている感じ。

ジャグリングを全くやったことのない人の視点に戻り、客観的に演技を傍観することが大事な気がしてきた。

練習を続けていると、ジャグラーだからこうしなきゃいけないという枠組みが 知らず知らずのうちに形成されてしまう。

もっとブリーフに蝶ネクタイの姿で出社するような、そんな自由な発想が大事な気がする。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)