上達すればするほど。

技の練習をすればするほど上達していく。
それはそれでいいんだけど、それに伴って無意味な枠が作られていく
この難しい技をうまくならなきゃ周りに舐められるだとか、この流行りの技は外せないとか。
音にハメるのもそうだ。
音楽に合わせて演じるのはいいのだけれど、音の時間に囚われすぎて自由度が狭まる。
この辺のバランスはホント難しい。
こだわりすぎて他の大事なことが疎かになっちゃうことがよくある。
ホント紙一重だ。
ぽっちゃりと太いくらい紙一重だ。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)