マジック

今日は6月のマジックの大きな大会に向けて、どんなマジックを演じるか考えていた。

僕は今現在、2つのある程度形になっているマジックと、4つの作りかけのマジックがある。

大会の規定で、演技の時間は7分前後と決まっているので、時間の関係で1種類しかできない。

前回の大会は10分間演じることができたので、2種類のマジックを演じることができた。

しかし今回はそれより短く、2種類だと時間がオーバーしてしまい、1種類だと逆に時間が足りない。

まさに帯に短しタスキに長し、チ○コ短しである。

どうするか悩んだ結果、形になっているマジックの1つと、作りかけのマジックのうちの1つを融合した、新しいマジックを作ることにした。

最近色んな大会の動画を観ているんだけど、やっぱりどう見ても歯が立たないな〜。

特に伝々という人のマジックは、久々に鳥肌が立ったくらい素晴らしい。

仮に僕が付け焼き刃で、手から玉がいっぱい出てくるやつや、杖や鳩が出てくるやつをやったところで、それを見てくれるのは、春先に家の中に出てくるワラジ虫くらいだ。

そもそもどうやってあんなにいっぱい出てくるのか不思議だ。

こないだ新潟の主催の方に大会について電話をしたところ、「君のマジックにはこれまでにない表現があるので、それを演じたらいい」と言って頂いた。

なので、自分の好きなように演じることに決めた。

本当は自分の2つの玉を3つに増やすとかをやりたいんだけど、マジック協会から追放されそうなのでやめておく。

例え手から玉を出すにしても、漠然と玉が増えたり消えたりするのではなく、その玉を使ったストーリーを考えようと思う。

僕はどちらかというと、マジシャンが観て驚くマジックよりも、子どもたちが観て驚くマジックの方が好きだ。

見る分にはどちらも好きなのだが、テクニックを駆使した芸術的なマジックというよりは、キャラクターやプロットを重視した、子どもでも楽しめるマジックを作るつもりだ。

ちなみに今日はつとむの誕生日である。

つとむは存在そのものが魔法なので、誰も真似できない。

image

マジック」への2件のフィードバック

  1. ポリー

    つとむさん、お誕生日おめでとうございます。

    カームさんは、マジックもされるのですね!!
    娘は、マジックを魔法と思っています。
    マジックできる人は、魔法の学校に行ったと教えたら、納得してましたよ。

    マジック=魔法って、素敵な表現ですよね⭐️

  2. calm 投稿作成者

    ポリーさん

    最近はネタばらしのテレビの影響で、マジック=タネという悲しい認識が増えてきました。

    マジックを魔法と信じる心は、本当に素敵なことだと思います。

    これからも日々魔法の勉強をし続けるつもりです。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)