ポタポタ

昨日の深夜、洗濯機の蛇口の横から水がポタポタと落ちて、床が水浸しになっていることに気づいた。
最初、蛇口の付け根から水が染み出しているのかと思ったがそうではなかった。
どうやら天井まで繋がっている水道管のどこからか水が漏れているようだ。
凍結して穴が空いたのだろうか。
もし屋根裏の方の水道管から水がつたっていたらどうしようかと思った。
僕は屋根裏から白い服の女の幽霊が現れる恐怖映画を見てから、屋根裏というものに恐怖を覚えるようになった。
もし屋根裏を開けて、青白い顔をした女がヨダレを垂らしていたらどうしよう。
きっと寝たきりになってしまう。
パンツからショーのネタに使うつもりだったパンパースに履きかえ、ビクビクしながら調べてみると…
幸い水道から少し上の水道管に小さな穴が開いていて、そこから水が出ているだけだった。
北海道は冬になると水道が凍結することがある。
油断すると水道管が破裂して部屋がプールになるので、その夜はビーチボートの上でプカプカ浮きながら寝なければならないのだ。
そう。
正月前は何かとヒマなのだ。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)