ナンバーズの失敗原因。

ガタイをよくしたい。
夏になると何かと上半身裸になる機会が多い。
海だったり、暑い日の外でのジャグリングだったり。
やっぱり男として上半身ムキムキは憧れる。
無条件にかっこいいと思う。
銭湯行って、上腕二頭筋ムキムキで顔を洗ってるやつとかいたら、おっ、すげーと思う。
だからといって股間に何かがついてる人が好きとかそういうのではないのであしからず。
女性好きです。
ジャグリングしてたら上腕の筋肉は結構つく。
鏡見て「あれ?」って感じでポーズとってみたら、明らかにジャグリングやってなかった時より筋肉ついたな~って思う。
でもね、なんかアンバランスなんですよ。
やっぱり胸筋と腹筋も比例してつけないと、バランスが悪くてかっこ悪い。
プリズンブレイクのウェントワースミラーの声の吹き替えが、安田大サーカスのクロちゃんの声だったらかっこ悪い。
胸とか腹はどうしても筋トレで鍛えなきゃだめか。やっぱ。
筋トレは毎日やるとあまりよくないっていうのは有名な話で、2日ないし3日おきに思いっきり鍛えるのがいいらしい。
でも筋トレはどうしても忘れたりめんどうだったりしてやらないんだよな…
ちゃんと筋トレして山本キッドみたいな体になりたいな~。
話はガラリと変わって、こないだ雨の日の夜に営業時間が終わったデパートでジャグリングの練習してたんです。
そしたら近くの公園から女の人の叫び声聞こえた訳ですよ。
あ、これは絶対男に襲われてるって感じの「ギャーッ!」っていう声だったから、雨に濡れながらダッシュで現場向かったわけです。
そしたら、その女、彼氏と一緒に花火で楽しみながら絶叫してた訳。
「ギャーッ!」とかどんだけテンション上がってんねんっ!
紛らわしいったらありゃしない。
ただ、ほんとにその人が男に襲われてたらって思うと恐怖なわけです。
やはりその辺、乱闘になったら勝たなきゃいけない訳です。
となると筋肉は必要になってくるわけですよ。
さて、なんのまとまりもない話は置いておいて、今回はナンバーズの話をしたいと思う。
アスリート要素の強いナンバーズジャグリング。
男達は汗をかき、砂を噛み、地面を這いつくばって1回でも多くキャッチ数を伸ばしていく。
キャッチ数を数えていて自己ベストに近づくと、何故かポロッと落とすという神からの試練を何度となく受けて、その壁を乗り越えようと日々努力する。
これまで3ボールを含め、全体的にまんべんなくボールジャグリングを練習してきた。
ジャグラーとしてはまだまだレベル2くらいの自分だが、ナンバーズでうまくいかない時に、なにが悪いのかっていうのがわかった気がする。
ナンバーズでボールを落とす原因には、ほんとに様々なものがあって、一概に原因がこれ!っていうことはいえない。
しかし、その中でも失敗原因として多いものがある。
「腕を沈めないでスローしてしまう」ということである。
最初の投出しも、その後のスローも、ボールは腕をちゃんと沈めてからスローしなければならない。
これはナンバーズにとって絶対必要条件だ。
頭では理解しても案外できていないもの。
やっぱり「早く次のボール投げないと間に合わない!」っていう気持ちが先行しちゃうんだと思う。
それでは腕を沈めないことで、どのような問題が起きるのか。
自分なりにまとめてみた。
1.リズムが狂う。
今まで「タン、タン、タン、タン…」 てリズムよく投げてたのが、一カ所だけ
「タン,タン、タタン、タ、タン…」という違うリズムが入ったとしたら、そのほつれは後々にもひびき、ついには破綻する。
ナンバーズにとってリズムはとても大事で、ひとたびリズムが狂うと修復がとても難しい。
3ボールくらいだったら擦り傷。
5ボールだと結構な怪我。
7ボールだと重傷。
9ボールだとたぶん致命傷。
ボールの数が増えるほどリズムを失ったときの破綻率は高い。
2.疲れる。
きちんと手を沈めないでスローをすると、異常に疲れる。
慌てて投げようとすると、必ず力みが生じる。
1回くらいならいいとしても、慌ててほとんどのスローを力で投げようとすると、疲労がものすごいことになる。
例えば最初のうちは5ボール50キャッチくらいしたら、疲れて肩で息をしてしまうということがある。
これは、きちんとしたフォームで投げないで無理な力を入れて投げているから、少ないキャッチ数でも疲れるのだ。
きちんと腕を沈めてきれいな軌道で腕をふれば、ほとんど疲れないでボールを投げることができる。
3.見た目がわるい。
ジャグリングをやるからには、やはり見栄えが悪いより良い方が絶対いい。
腕がどんどん上がってくるスローは見栄えが悪く、他の技にもつなげづらい。
手を沈めることによって余裕を出すことはとても重要。
どうしてもキャッチ数が伸びないときは、一度自分のフォームをビデオカメラで録画して見てみたり、人に見てもらって腕がきちんと沈んでいるかチェックしてもらうというのもいい。
まあ俺が一番この失敗やっちゃうんですが…
沈めるのは腕だけで、気分は上げていきましょう。
全然うまくないですね。
罰としてこのご時世にブラウン管テレビ買ってきます。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)