トラウマゲーム

僕の中で最強のトラウマゲーがある。

それは昔ディスクシステムで発売された、

「ファミコン探偵倶楽部PartII うしろに立つ少女」

というゲームである。

当時僕が小学生だった頃、兄が突然このゲームを買ってきた。

ノベル風のアドベンチャーゲームで、殺人事件を推理しながらストーリーを進めていくものだ。

当時の僕にはあまり理解できなくて、手当たり次第に選択肢を選び、無理やり物語を進行していった。

不気味な音楽と単調なメッセージ音で、ドキドキしながら進めていったのを今でも覚えている。

そして真犯人を突き止めるシーンがあるんだけど、その恐怖は言葉では言い表すことができないレベルのもので、以降1人でトイレに行けなくなってしまった(以前も心霊番組を観てトイレに行けなくなったのだが 笑)。

そんなゲームが今日ニンテンドースイッチでリメイクされるというニュースを知り、ものすごく懐かしい気持ちになった。

実はこのゲームは以前スーパーファミコンでもリメイクされたことがあり、プレイ動画を観てみたんだけど、全然怖くなかった。

大人になったから怖くなくなったんだろうかと思い、その後当時のディスクシステム版のプレイ動画を観てみたら、めちゃくちゃ怖かった。

観た後にトイレに行ったんだけど、物音に死ぬほど驚いてウンコを漏らしそうになった。

ゲームに限らず、リアルになると全く怖くなくなるものが色々あると思う。

例えば昔の心霊番組は、画質の荒さが恐怖を増幅している。

仮にその映像が高画質で手ブレなどがなくなったりすると、一気にヤラセ臭くなって萎えてしまうだろう。

このゲームも単調なドット絵とBGMが恐怖を駆り立てているのかもしれない。

興味のある方は、是非ファミコンとディスクシステムを購入してプレイしてほしい。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)