ショーの長さ。

基本的に日本のイベントにおける1回のショーの時間は無茶苦茶長い。
商業施設に呼ばれた場合、平均で30分間ぶっ通しで演じなければならない。
そんなに長くないように感じるけど、実は恐ろしく長い。
外国のパフォーマンスなどを観ると、だいたい5分から8分くらいが多く、その短時間で至玉のパフォーマンスを演じるわけです。
催しとして少しでも長くやらなければいけないという旨を考えての30分という時間だと思うけど、それでもその間ずっと演技を観てもらうということは生半可な努力じゃオーディエンスからもブーイングなんだYO!
say ho~!
特にキッズがたくさんのイベントの場合、集中力はせいぜい20分が限界。
20分を越えると、
「うわ~ん!ママうんこしたい~!」
「見て見て!チンチンから水が出てきたよ!」
「トミカ博行こ~!」
って感じです。
恐らく日本で30分だれずに演じて、ずっと観客を釘付けに出来たら、世界へ行ってもホントやっていけると思う。
極端だけどそれくらい難しいことだと思う。
どこかで「最初と最後だけしっかりしていれば何とかなる」ってことを聞いたことがあるけど、それは大きな間違いだと思う。
だってそれだと真ん中つまんないじゃん。
大変だけど30分間全部面白いショーを作ってやる!
うんこっ!

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)