シミュレーション

ショーをする上でシミュレーションすることはとても大事だ。

実際に舞台に立った想定で、道具の配置だったり立ち位置などを予めシミュレーションして決めるのだ。

それ以外にも、構成や決めのポイント、表情やセリフなど細かい部分もシミュレーションする。

また表情やセリフなどはジャグリングの技とは違い、いつでも練習することができる。

僕は車の中や銭湯のサウナでいつも練習している。

表情やセリフのシミュレーションをしている時は完全に入り込んでしまうため、周りがほとんど見えなくなってしまう。

先日銭湯のサウナに入ると、常連のおじいさんが入っていた。

僕はそのおじいさんの横に座り、いつの間にかショーのシミュレーションをしていた。

その時の想定は舞台に上がった子どもとのやり取り。

その中に僕が「えっ!?」と言って驚くという場面があったんだけど、あまりに入り込みすぎて、大きい声で「えっ!?」と突然言ってしまい、おじいさんがビクッとした。

ものすごい恥ずかしかった。

シミュレーションも時と場所を選ぶ必要がある。

ちなみにピエロのGさんは車の運転をしないんだけど、以前その理由を聞いた。

運転するとショーのシミュレーションをしてしまい、周りが見えなくなって事故るからだそうだ。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)