クラブが…

まずはこのクラブを見て頂きたい。

先日買ったこのクラブ、3日目にしてこの姿である。
しかも5本のうち3本がこの状態。
ドラクエの毒沼地や、歩くとシャオシャオなって瀕死になる青い床でジャグリングをしているわけではない。
自宅の車庫で普通に練習しただけである。
恐らく俺のクラブの扱いが悪いのもあるんだろうが、さすがにフィルムの部分が弱すぎる。
改良される気配もないので、自分でカスタムするしかない。
まず100均でキラキラした包装紙を買ってきた。

さすがにこれを貼っただけでは10代の恋心のように心もとないので、この上から窓ガラスの上に貼る飛散防止の透明な膜を貼ってみようと思う。
正直うまくいくかどうかわからないが、今のみすぼらしくなってしまったクラブをどうにかして復活させたい。
そして、悪路で気を遣いながらクラブを投げるという無意味なストレスから開放されたい。
この思いっきり投げられないストレス。
ジャグリング以外に例えると、ミニスカの太っちょ女性が目の前でパンチラをしてくれている状態に似ている。
別に見たくないのに見てしまうジレンマ。
初日にフィルムが破けた時は、
「ちょっと!うちのパンティー見ないでよっ!」
と叫ばれた時のショックに近い。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)