だいどんでん

今日は朝から札幌に向かい、大道芸のお祭りのだいどんでんを観に行った。
ゲストパフォーマーが去年とほとんど変わっていなくて意味不明だったが、唯一初めて観る加納真実さんがシュールすぎて面白かった。

画像1

一歩間違えると通報されかねない女性パフォーマーは珍しい。

画像1
画像1

そして笑顔が素敵だった。
そしてジャグリングクラブまめぞうの最後のショーを観て感慨深いものがあった。

画像1

ただどこの会場へ行っても音響トラブルに見舞われていて、パフォーマーの人たちがかわいそうだった。
そのせいでどこの会場も進行表通り進んでおらず、観客も困惑していた。
この祭りの音響トラブルはもはや毎年恒例のようになっているのだが、運営は改善するつもりはないのだろうか。
夕方には大通り公園に大学生が集まっていて、僕もまじって練習した。
たくさんのジャグラーと物を投げ合うのは楽しい。

画像1

ただ新技のタマキンジャグリングを披露したら全くウケなかったので、小樽行きのバスの中で泣きながら帰った。

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)