だいじなもの

昨日は黒猫座というトイシアターさんの稽古場にお邪魔した。
すごい綺麗で広くて最高の場所だった。
カノンさんと、とある有名なパフォーマーの方から、クラウンの発祥や歴史などを聴けて貴重だった。
僕はひたすら鏡に向かって赤ちゃんの人形とお花とカードとロウソクと戯れていた(笑)
そして世紀のイリュージョンショーが完成した。
生命の神秘をテーマにした壮大なスペクタクルである(笑)

今日はガチムチ練習!
なんとも形容し難いんだけど、休憩中携帯を見てとても悲しい気持ちになることがあった。
少しづつ託してきた自分のだいじなものを突然不必要と言われた気分だ。
ただ自分のだいじなものは相手にとってのだいじなものとは限らない。
必要のないものを一方的に渡していた自分が悪いのかもしれない。
ただ久々にものすごく悲しい気持ちになった。
尊敬するクラウンは、この悲しみを芸の糧にするのだろうか。
僕はまだその域には達していない。

画像1

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)