おもしろみ。

自分のボールルーティンを自分で見て思ったのだが、おもしろみが無い部分が多い。
ただ突っ立ったまんまで5ボールの難しい技のオンパレードをしても、見ている人は全然面白くないと思う。
なんというか、縦横の動きが少ない。
これはクラブにも言えることで、あまりよろしくない傾向だ。
クリスクレモくらい超絶なジャグラーだったら、1平方メートルのフロアさえあれば、超絶ルーティンで観客を唸らせることもできるのだろうが、あいにく俺にはそのスキルはない。
動きがあるルーティンが必要なようだ。
フォークギターでなごり雪でも弾きながらジャグリングしようかな。
↓クリスクレモの超絶ルーティン。
Kris Kremo – Definitive Juggling – 1984

コメントをする

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信」ボタンを押してください。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)